ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
2011.06.13 (Mon)

【少林寺・開祖法話】「強い」とは、どういうことだ

強いとはどういうことだ1
強いとはどういうことだ2
強いとはどういうことだ3

本当なら別アカを取って、OCRで読み込んでデータを起こした方がいいのでしょうが、私には向いてそうもないのであきらめます。「心外無法」というサイトがなくなり、開祖法話のまとめ的なページがなくなったので、気まぐれにUPしていきます。需要のほどは、わかりませんが少なくとも私的に振り返る事は必要だなと思ったので。


以下引用

・ところが何も知ろうとしないで、あるいはどうしたらいいのかわからないまま考えようともしないで、ただ右往左往しているだけの若い人が大勢いる。前の法話でもいいましたが、ピストルの時代にゲンコツを振り回して「勝った、負けた」というバカがたくさんいる。

・要するに調子のいいときには「やぁ、先輩」「やぁ、親分、兄貴」といっていても、何かがあると裏切るのがいる。・・・私はいいものはなんでも取り入れてやろうと思っているから、共産党の毛さんのことばだろうとなんだろうと、いいものは君たちにも伝え教えたい。

・ある人たちは人生を自分の思いどおりにしていける。そうできる人とできない人、どこが違うのだろう。要するに「自分で人生を計画し実践できるかどうか」ということだ。

・考え、行動できるのは自分であり、自己の尊厳の認識はそこから始まる。俺は生きている。生きている間は必要な存在だと思え。何をなすかはそれから決めたらいい。そうしたら自信もできる。

テーマ : 開祖法話 - ジャンル : その他

tag : 開祖法話

20:42  |  開祖法話  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | ホーム | 

お勧め記事

カウンター

このHPのQRコード

まとめプラグインv2

最新記事

簡単相互リンク(自動相互リンク)

カテゴリ

ニュース

goo検索急上昇ランキングのキーワード

スポンサードリンク

楽天トラベルランキング

画像最新記事

関連記事

人気記事

リンク集

ランキングボタン。よろしければお願いします。